本文へスキップ

潜水士に何が大事かを考え、最高のパフォーマンスが発揮出来る教育を目指しています。。

TEL. 0994-35-0011

〒893-0023 鹿児島県鹿屋市笠之原町2096-2

すべては”動機”から始まる!そして基本;
潜水に従事する職員(隊員)に、何が大事かを考え!優れたパフォーマンスを持ち備えた潜水教育に取りんでいます。安全とは何かを考え,これからのレジャーダイビング普及と改革に取り組んでいまいります。




2019年安全潜水管理員課程を開催いたします。本、課程は,現に潜水業務に就いている潜水士の方で事業所において安全潜水を担当する者を対象とした課程です。詳細は安全潜水管理員の頁をご覧ください。



          
普通課程は水を知りくし潜水の更なる動機付けをします。高等科課程は潜水のあらゆるパフォーマンスを発揮し,救助潜水や捜索潜水を成功へ導く高度な洞察力を習得します。


 
・潜術士は,潜水指導者として卓越した技能を有し,安全潜水と潜水改革に意欲的に活動できる者。
・機動潜水士は,潜水事故を含む水難事故ゼロに取り組み,ボランティアとして活動できる者。


 
潜水訓練に励む!超々狭視界に挑む,潜降及び捜索から浮上。軽装備・重装備潜水での救助捜索!思うほどに容易くない。水の環境には一切の妥協などない。(写真:宮崎県串間市消防本部吏員)
警告:超々狭視界潜水訓練は危険を伴います。必ずJPRCの教官の下で基本を学んでください。


TOPICS

  • 「JPRC」は、わが国の伝統的な素潜りの技術をもとに、自由な発想と高度な潜水教育をめざした潜水教育を行っています。
  • 普通科潜水士養成課程:全ての潜水はここから始まります。
  • 高等科潜水養成課程:捜索(査)潜水技術・救助潜水技術は、普通科潜水技術が基礎となります。。
  • 安全潜水管理員養成課程:豊富な実践的経験から事業所の安全潜水管理を行います。
  • 潜水士試験対策課程 :潜水を業と成す方は、潜水士免許が必要です。

NEWS新着情報

2018年7月1日
首都圏機動潜水士団/四国機動潜水士団を試置しました。
2004年6月1日
日本公的機関救助潜水士養成センターに名称を変更しました。
2004年8月10日
サイトをオープンしました。
         
・写真-3枚:宮崎県串間市消防本部吏員 ・写真の4枚めは:海上自衛隊鹿屋航空基地隊員の軽装備救助訓練
・公的機関の潜水訓練は,実践的スキルと公的機関潜水専用の訓練カリキュラムを持つJPRCへご用命ください。

バナースペース

日本公的機関救助潜水士養成センター



























〒893-0023
鹿児島県鹿屋市笠之原町2096-2

TEL 0994-35-0011
FAX info@jprc.jp